五月人形を手作りする方法をご紹介!必要な道具や素材から選び方・費用までを解説

当サイトは五月人形を手作りする方法をご紹介しています。
作る楽しみと飾る楽しみのどちらも得られるのがハンドメイドの良いところです。
必要な道具や素材から選び方・費用までを解説しているので、参考にしてみてください。
キットを用いて人形を自作するメリットも、このサイトで紹介しています。
さらに満足できる人形のハンドメイドキットを選ぶコツも取り扱っています。
これを読めば初めての人でもきっと分かりやすいでしょう。

五月人形を手作りする方法をご紹介!必要な道具や素材から選び方・費用までを解説

子どもや孫のために、五月人形を手作りしたいので解説が知りたいというもいるのではないでしょうか。
五月人形にも様々なタイプのものがありますが、本格的な仕上がりになり比較的一般の人にも作りやすいのが木目込み人形タイプの五月人形です。
必要な道具には木目込みヘラやヤスリ、ボンドなどがあります。
最近では木目込み五月人形の手作りキットも売っていて、これを利用すると初めての人でも作りやすいです。
一般的に費用は数千円からとなっています。

五月人形を手作りしたい人に人気のキット

五月人形は男の子の成長を祈るためのアイテムですし、元気に育ってくれますようにという願いを込めて飾りましょう。
基本的には購入される方が多いですが、出来るだけ費用を抑えたいしコンパクトサイズにしたいという事であれば手作りをすることもお勧めです。
五月人形の手作りキットはとても人気ですし、材料が揃っていてそれで完成させることができますのでとても便利です。
お裁縫が得意な方であれば難易度も書かれていますしそれに合わせて購入すればよいですが、裁縫が苦手であっても工作感覚で出来る程度の難易度のものも有りますので安心です。
ひな人形とは異なり、ずっと飾っておいても問題はありませんが子供の日に向けてだけ飾りたいという事であれば、その年その年で変えていくというのもありです。
高いキットではありませんので、その年の気分で選んで購入するというのも良いでしょう。
人気の個性的なデザインの物を選ぶというのもお勧めですし選んでみて下さい。

五月人形を手作りするときによく使われる素材

愛着の持てるような五月人形を手作りしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
ハンドメイドで五月人形を作る際に使われる素材には様々なものがあります。
本格的な木目込み人形の製法で作る場合には桐の粉と糊を混ぜた桐糊や金襴や友禅などといった布地、ボンドなどが必要になります。
最近では必要な材料がセットになっている手作り用キットも販売されていて、これを利用すれば材料を揃える手間が軽減されて便利です。
また手作りで端午の節句に飾る人形を作る際には、フェルトを用いられることも少なくありません。
フェルトは可愛らしい印象の小さな飾りを作る時には適している素材と言えるでしょう。
そのほかにも木材はよく使われていて、様々なデザインのものに活用されることがあります。
例えば端午の節句の飾りといえば兜や鎧がありますが、木材で組み立てて作ることができる兜などもあります。
木材の質感が美しく、出来上がりも本格的な仕上がりになるパズルタイプのものが入手可能です。

五月人形を手作りするなら揃えたい道具

五月人形は長らく、人形専門店で購入をするものと考えられてきたものです。
5月5日の端午の節句の際にリビングに飾るのが基本で、男の子のお子さんの健康を祈願するという意味を持つアイテムでした。
2000年以降になるとそのスタイルは様変わりをしており、母親や祖母が愛情を込めて手作りをする時代となりました。
大手玩具メーカーから五月人形キットというものが販売されたのが要因であり、なかにはお子さんのへその緒を内部に入れられる工夫をされているものさえあります。
初めて五月人形を手作りする場合、揃えておきたい道具は何でしょうか。
簡単にここで見ていくと、電気コテ・針・糸・色鉛筆となります。
ちりめん細工で作ることを前提にしているので、素材によっては別の道具を揃える必要もあるのでご注意ください。
すべて手芸用品店で販売をされているほか、ネット通販サイトでも買い求めることが可能です。
初心者キットであれば、セットになっている場合もあります。

五月人形の手作りで人気のデザイン

五月人形を手作りしたいけれどデザインに悩むという人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには人気の高いものを参考にしてハンドメイドするのも良いかも知れません。
手作りをする際に人気の五月人形のデザインには、若大将や子供大将といわれるタイプのものがあります。
これは可愛らしい子どもをモチーフにしたタイプのものです。
五月人形には鎧や兜などといったものもありますが、手作りをする際に人気があるのは丸みのある木目込み人形です。
端午の節句に飾るものを木目込みで作ると、可愛い印象の仕上がりになります。
若大将・子供大将は幼い子どもを題材にしたもので、ふっくらした頬や丸みのある体形が愛らしいです。
これらを屏風や兜などとの小物と共に飾り付けることで、端午の節句のお祝いに相応しい雰囲気になります。
また五月人形として定番の、金太郎や桃太郎をモチーフとして取り入れたものも端午の節句用のハンドメイドに人気があります。

著者:上田幸枝

筆者プロフィール

長崎県佐世保市生まれ。
地元の保育園に保育士として勤務。
毎年子どもたちと楽しんでいる手作りの五月人形について記事をまとめました。
木目込み 五月人形